テーマ:宇宙

H2A17号機による「金星探査機「あかつき」(PLANET-C)」の打ち上げ延期

金星探査機「あかつき」(PLANET-C)」は世界初の惑星気象衛星と言われています。地球の双子星とも言われる金星の謎を凡そ2年間かけて調査していくプロジェクトなのです。 昨年11月にもらった乗車券でいよいよ金星へと思っていましたが、今回H-IIA ロケット17号機(平成22年5月18日)の打ち上げは天候制約により延期となりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふたご座流星群

おはようございます! ここ最近早起きしていたのですが、残念ながらふたご座流星群を見ることはできませんでした。皆さんは観測できたでしょうか。 ふたご座流星群 ふたご座流星群は、毎年12月14日ごろを中心に活動している流星群です。今年はおおよそ14日の真夜中(15日0時)以降から15日の真夜中前(日本時間)にかけて最も多くの流…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「きずな」を経由して宇宙からクリスマスメールを送ろう!ですよ

筆者的にうれしいニュースです。興味がある方は是非、覘いてみて下さい!! JAXA(宇宙航空研究開発機構)からのホットトピックスです!! 宇宙からメリークリスマス 地球からはるかかなた36,000kmの宇宙空間を飛行している 「きずな」を経由して、ご指定のパソコン用メールアドレスおよび携帯メールアドレスへ、メッセージメー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふたご座流星群を見よう!今度は期待の三大流星群だよ~

2009年は世界天文年です。国立天文台では「世界天文年2009の公認イベントとして、三大流星群「しぶんぎ座流星群(1月)」「ペルセウス座流星群(8月)」「ふたご座流星群(12月)」を対象に、流れ星を観察するキャンペーン」を行っています。 筆者も今年10月にオリオン座流星群を観測する事ができました。今月のしし座流星群は残念な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

準天頂衛星システムの愛称を募集してますよ!

JAXA|宇宙航空研究開発機構では準天頂衛星システムの愛称を募集しています。 ■準天頂衛星システム(QZSS:Quasi-Zenith Satellite System)とは。 米国のGPSや欧州が開発中のGalileo等に代表される衛星測位システムのひとつで、常に日本の天頂付近に1機の衛星が見えるように、複数の衛星が準天頂…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

金星へメッセージを送ろう!!

JAXA(宇宙航空研究開発機構)では「お届けします!あなたのメッセージ、暁の金星へ」~「あかつき」メッセージキャンペーン~を行っています。金星にあなたの気持ちを伝えてみませんか! 2010年度打ち上げ予定の金星探査機「あかつき」(PLANET-C)は、打ち上げ後約半年で金星周回軌道に到着し、約2年をかけて金星の大気を調査する探査機…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

今月は「しし座流星群」に注目!!

先月(2009年10月)に観測された「オリオン座流星群」に続き、今月は「しし座流星群」を観測する事ができるようです。 ■しし座流星群とは しし座流星群は、母天体であるテンペル・タットル彗星の公転周期である約33年ごとに流星嵐が見られるチャンスがあることで有名な流星群で、日本では 2001年に、1時間あたり1000個を超える流…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

Creation9 (オリオン座流星群)

昨晩、オリオン座流星群を見ました。5つの流星を確認できたけど1つは散在流星のようなので実際は4つになるのかな。 オリオン座流星群が見る方向ですが、放射点はオリオン座とふたご座の境界付近になっているようです。オリオン座は東の空を見上げれば苦労せずに見つけられると思いますが、私はオリオン座のペテルギウスとリゲルの間にある比較的明るい3…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

オリオン座流星群なんですよ

ケロリーヌさんのblogを見て「こりゃ見なきゃアカン」と思ったと同時に、皆さんも観測してくだされといった意味で記事を書きます。 2006年から注目されているオリオン座流星群が今年も見られるようです! 国立天文台のWebページでは「見えるかな?オリオン座流星群」キャンペーンを行っています。およそ70年に1度のチャンスだそうで、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

国際宇宙ステーション補給機(HTV)/H-IIBロケットの打ち上げ成功!

HTV/H-IIBロケットの打ち上げが9月11日(金)午前2時01分46秒に発射されました! 打ち上げ成功です!! 現在、国際宇宙ステーション(ISS)へ補給物資を輸送するために、ロシアのプログレス補給船、ヨーロッパのATV、アメリカのスペースシャトルが活躍しています。今回打ち上げられるH-IIBロケットには日本の補給機HT…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

若田宇宙飛行士 任務完了!

若田光一さんが搭乗するスペースシャトルエンデバー号が7月31日23:48(日本時間)にNASAケネディ宇宙センター(KSC)へ着陸しました。 若田光一さんは日本人初となる137日15時間におよぶ宇宙での長期滞在、そして「きぼう」日本実験棟組み立てなどのミッションに取り組んでいたんですよ。無事に帰還できて何よりです。 Miss…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日食観察について

日本国内としては46年ぶりとなる皆既日食がいよいよ明日(22日)となり、注目を集めていますね。気になる天気ですが、梅雨前線や低気圧の影響であまり良い状況ではなさそうです。晴れるといいですね。 ところで、日食の観測には「日食観察グラス」など専用のグラスを使うように言われていますね。Webでは多くのサイトで取り上げられていますが、中に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の組み立てが完了

日本・アメリカ・ロシア・ヨーロッパ諸国・カナダなど15ヶ国が参加している国際宇宙ステーション(ISS)計画は「宇宙の研究所」と言われています。 地上約400キロメートルにて宇宙ステーションを建設中なんですね。ステーション建設は1998.11.20に開始され5年後の2004年に完成する予定でしたが2003年2 月スペースシャトル「コロン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディスカバリー号36回目の打ち上げへ

こんにちはblog yaloo管理人の影武者です。各所調整により打ち上げが延期されていたスペースシャトル・ディスカバリー号が米国東部夏時間3月15日午後7時43分(日本時間3月16日午前8時43分)にNASAケネディ宇宙センター(KSC)から打ち上げられました。 NASA - Discovery Lights Up the N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペースシャトル STS-119ミッション

スペースシャトル・ディスカバリー号の打ち上げがまた、延期になりましたね。「外部燃料タンクの外側にある水素ガスベントシステムにリークが発見されたためです」との事ですが、1986年1月に起きたスペースシャトル・オービタ、チャレンジャーの爆発事故を思えば必要な点検には十分時間をかけるべきなのでしょう。 変更されたミッション飛行計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知的生命体は存在するのか

「太陽から30光年以内には太陽型の恒星が数十個存在する。そのうちの約半数は地球に似た惑星を持っているかもしれない」 AFPBB News:ではAmerican Association for the Advancement of Science、AAAS及びCarnegie Institution for Scienceが「天の川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Space shuttle Atlantis29回目の飛行へ

米国航空宇宙局(NASA)はスペースシャトル「Atlantis」を米国中部標準時間2月9日午前11時25分、2008年2月8日午前4時45分(日本時間)に国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキングに向け打ち上げました。今回のスペースシャトル「Atlantis」のフライトはSTS-122組み立てミッションと呼ばれ約11日間の飛行期間中に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペース・デブリその2(愚かな人類)

地球環境が急速に悪化し世界中で大きな問題となっていますが、環境破壊は地球上だけの問題ではありません。地球の周りにはアステロイドベルトのように数多くのロケットや人工衛星の残骸が取り巻いており、その数は大小合わせて数百万個にも及ぶそうです。過去に【地球外の汚染「スペース・デブリ」】という記事を記載しましたが、そのスペース・デブリ(宇宙ごみ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペースシャトルアトランティス号打ち上げ成功

日本時間9月10日午前0時15分スペースシャトルアトランティス号は27回目となるフライトに成功しました。(度重なる打ち上げ延期に不安の声も上がっていましたが無事成功した事はなによりです)今回のフライトは国際宇宙ステーション(ISS)組立のミッションSTS-115(組立ミッション12A)として11日間の飛行期間内で本格的なISSの組立てが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ISS計画はどうなるのか

国際宇宙ステーション建設(ISS)計画の舵取り役となっていた米国が度重なるスペースシャトルのトラブルを切欠に計画自体の優先順位を変え始めている。昨年においては有人探査(月・火星)の計画案を新たに発表している事からも察しがつく。ISS計画では世界の15カ国が参加しているが日本では既に6500億をつぎ込み実験棟「きぼう」を2007年に打ち上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ISS計画縮小か

国際宇宙ステーション建設は1998.11.20に開始され2010年完成を予定していたが度重なるスペースシャトルのトラブルによる建設資材輸送問題と合わせ参加国の資金問題が持ち上げられ当初の計画から大きく縮小されるようだ。NASAでは前記した状況によりISS建設から月や火星への有人飛行を目指す計画に指針をとるらしい。日本では実験棟「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディスカバリー号打ち上げ成功

米国航空宇宙局(NASA)は7月26日午前10時39分(米時間)フロリダ州NASAケネディ宇宙センターからディスカバリー号を打ち上げました。見事な成功です!これからクルーは約2週間で予定されたミッションを遂行し13日後の8月7日に再び地球に帰ってきます。今回日本より野口宇宙飛行士が登場していますが野口宇宙飛行士の任務は極めて重要な任務で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スペースシャトル再びカウントダウン開始

宇宙へ向かうディスカバリー号が再びカウントダウンを開始した。しかし打ち上げ延期の原因になった液体燃料タンクのセンサー(液体水素枯渇センサ)異常の解明はできていない状況だ。このような状態で言わば強行とも思えるカウントダウン開始をとる背景にはISS計画の遅れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディスカバリー号打ち上げ延期

注目を浴びていたスペースシャトルディスカバリー号の打ち上げが発射2時間前に中止された。原因は外部燃料タンクの残量計センサーが正常に機能していなかったらしい。コロンビア号の事故でも外部燃料タンクが関係していた事から関係者は慎重な対応をとっているようだ。気になる再打ち上げだがNASAでは18日までの再打ち上げは難しいだろうとコメントしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャトル復活

コロンビア号の事故から2年半スペースシャトル(ディスカバリー号)が再び宇宙へ向う事になる。NASAでは14日(米国東部夏時間7月13日午後3時51分)の打ち上げに際しスペースシャトルの監視強化を行い万全の体制を図っている。万一にも大事故が再発する事があればスペースシャトルの打ち上げはもとよりISS計画も中止になる可能性が高い。日本でもI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際宇宙ステーション(ISS)計画

スターウォーズシリーズの完結編スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐が7月に公開予定されている。スターウォーズシリーズ誕生から28年になると言うから驚きだ。宇宙は未知の世界であり空想は無限に広がる。スターウォーズシリーズは人類に夢と希望を与えてくれるのだろう。 ■ISS計画 空想と思える世界は徐々に現実の世界へとなりつつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球外の汚染「スペース・デブリ」

宇宙に関する記事は今日も続きます。人類は自然界の警鐘を聞いているにもかかわらずに今もなお地球を汚している。深海ではビニールなどのゴミがたまり、地上ではゴミが海を埋め立て、自ら生み出した文明の力でオゾンホールを破壊しているのが事実である。しかし汚染は地球上だけではない。気象・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天体の衝突

未知の宇宙を探索する衛星や望遠鏡により徐々にであるがその謎が解けつつある。しかしその一方で今の技術では対処できない重大な事がある。小惑星の衝突だ。ハリウッド映画にもあった人類滅亡の危機はどうやら映画の世界ではすまされないようだ。衝突の確率は12万年に一回と言われるが、これはあくまでも確率であり明日衝突してもなんらおかしくは無い。ここ数百…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more