テーマ:野鳥

キビタキ

こんにちは、管理人の影武者です。月食見ましたか~ オイラは見ましたよ。宇宙を感じた次第いでありまするw さて、先日の事ですが、既に生き絶えたキビタキを見つけました。ガラス窓の下でお亡くなりになっていたので、きっとガラスに激突してしまったのでしょう。このような事で命を失う小鳥たちが多いようです。日本を離れる事なく安らかな眠りに着いたキビタ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Today's photograph (カイツブリ)

■カイツブリ:カイツブリ目カイツブリ科カイツブリ属に分類される鳥類 初めてのご対面となるカイツブリ。ちょっと厳つい顔をしていますね。ヒナも一緒でした。 ではでは。 あ、また地震だ・・・・余震は続くんだな。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Today's photograph (光速で飛ぶ鳥)

んなバカなw そんな鳥など、どこにもいませんよね。 失敗した写真かと思いきや、なんとも不思議な写真が撮れた1枚です。流し撮りの背景、そして鳥がビミョ~にブレたところがポイント?になったような気がします。 絵にも見えますが、写真なんですよ。レタッチはコントラストの調整のみです。 ところで、中央に青白い尾を引く鳥さん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Today's photograph (ミソサザイ)

オオルリを追って山に入った。オオルリはスズメ目ヒタキ科に分類される鳥で日本へは夏鳥として渡来・繁殖する。日本三鳴鳥のひとつと言われ、その姿、囀りに多くの人が魅了される野鳥だ。全長16.5cm、濃いブルーの背と白い腹が特徴である。入山して間もなくオオルリの囀りを聞くことができたが、残念ながらその姿を見ることは叶わなかった。気を取り直し次な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Today's photograph (ガビチョウ)

■ガビチョウ:スズメ目チメドリ科に分類される鳥 とても美しい声で囀る鳥ですが、外来生物法で特定外来生物に指定されている鳥なのです。「日本の侵略的外来種ワースト100選定種」にもなっているようですね。「ペットとして輸入された個体がかご脱けにより定着」したとか・・・。 「ウグイスやキビタキ、オオルリ、サンコウチョウといった他種の囀り…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Today's photograph (ウグイス)

■うぐいす:スズメ目ウグイス科ウグイス属に分類される鳥類 昼休みに立ち寄った公園でカメラを持ってぶらり散歩。 聞こえてきた、聞こえてきた。あの囀りが。 日本三鳴鳥(コマドリ・オオルリ)の一つと呼ばれる「うぐいす」。全国に分布する留鳥なので近郊でも囀りを聞くことができますね。でも、筆者は初のご対面です。 ホーホケキ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

Today's photograph (俺のWhat a Wonderful World)

昨夜からの雨も上がり 開花し始めたアジサイは青空のキャンバスに浮かんだ。 カラスアゲハが林道で吸水し カワセミが小魚を求めて小枝に留まる。 自然は素晴らしい。何気ない1日に感謝しよう。勿論、Nikon D90にも感謝。 ではまた。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Today's photograph (短歌バージョン 巣立ち)

ツバメ達の子育てが盛んな季節ですね。至る所で餌を捕る為に忙しく飛び回る親ツバメを見かけます。 ふと電線を見ると・・・・ 巣立ったばかりのひな鳥でしょうか、じっと電線にとまっています。 よく見てみると・・・・・ ここで一句!!! 「巣立ちして電線留まるひな鳥の顔を覗けば・・・おやじ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

photograph(エナガ)

■エナガ:スズメ目エナガ科に分類される鳥類 群れで木々を飛び回っていたエナガ。一か所に止まることなくチョコチョコ動き回るので写真を撮るのはちょっと難しいかったです。 公園や街路樹の上などでもみることができるので、珍しい鳥ではありませんが可愛い小鳥です。今回は比較的近くで見ることができたので嬉しかったですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

photograph(幼鳥)

おなじみカルガモ親子です。おちびちゃん、可愛いですね。しかし、過去の記事にも記載していますがカルガモの世界では「ヒナの巣立ちが一斉に始まると過密になるため他の親がヒナを殺すという習性があるが、親が自分の子を殺す場合もある」ようです。自然界の法則なんでしょうか。 秋ヶ瀬公園で見かけたフクロウの幼鳥です。バツーカ(超々望遠レン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

photograph(Milvus migrans)

福島第一原発、何が真実なのかが解らないですね。多くの国民が不安になっている事だと思います。 これから先は「原子力」じゃなくて「原始力」が必要じゃないのかな・・・・。 原始力って何かですって?それは皆で考えましょう。 ■鳶(トンビ) タカ目タカ科に属する鳥類の一種(猛禽類) 写真は昨年撮ったものです。デー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Today's photograph(ホシゴイ)

ゴイサギの幼鳥(ホシゴイ)です。大きな幼鳥ですね。 ■ゴイサギ:コウノトリ目サギ科ゴイサギ属に分類される鳥類。 同じ場所で撮影していた方と野鳥の話をした際、筆者が「野鳥の撮影にはカメラの性能(連写能力)が大きく影響するように感じていますが・・・」と尋ねると「そう感じている方もいるようですが、重要なのは技術と経験だと私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Today's photograph(水田の鳥)

田植えのシーズンになった。雨の降る水田で見かけたムナグロとカルガモ。 成鳥 夏羽 のムナグロ。筆者初のご対面です。 カルガモは水田の害鳥だと言われることもあるようですね。でも稲苗を食べているわけではないようです。 ではまた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Today's photograph(セイタカシギ・ツバメ・セキレイ)

かわいらしい顔をした鳥を干潟で見かけました。その名はセイタカシギ。 ■セイタカシギ チドリ目セイタカシギ科に分類される鳥類 「水辺の貴婦人」とも言われる気品ある鳥さんです。 RDB種情報(動物)種の詳細情報(鳥類レッドリスト):チドリ目 セイタカシギ科 絶滅危惧IB類(EN) 1960年頃ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Today's photograph(イソシギ)

■イソシギ 動物界脊索動物門鳥綱チドリ目シギ科に分類される鳥。 偶然通りかかった河川で見かけたイソシギ。河原を行ったり来たり食事に夢中でした。 ではでは。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Today's photograph(オシドリ・コクチョウ・クロエリハクチョウ)

昼休みに立ち寄った公園で水鳥達に出会った。 ■オシドリ カモ目カモ科オシドリ属に分類される鳥類 オシドリをじっくり見たのは初めてです。この子はまだ幼鳥なのかな。 仲良く水面を泳ぐオシドリ。でも2羽共オスです。背中の銀杏羽がきれいですね。繁殖期に入るオスの生殖羽は鮮やかです。夏羽になると銀杏羽は消えて雌に近い色合い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Today's photograph(タゲリ) 

22日ニュージーランド・クライストチャーチ付近で発生した大きな地震。現地の方、そして渡航している日本人の方々の安否が心配されます。1日も早く救出される事を祈るばかりです。 ■タゲリ チドリ目 チドリ科 分布・季節:冬鳥 本州以南で越冬 生息環境:水田・湿地・畑・河川・干潟 鳴き声:ミュー 子猫のような鳴き声 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Today's photograph(アオジ・シロハラ) 

野鳥観察の旅は続きます。と言っても遠方には行っていませんがw アオジ:メス(冬羽) スズメ目ホオジロ科ホオジロ属 先日、オスのアオジを見かけましたが今回はメスにご対面です。 シロハラ スズメ目ツグミ科 シロハラはオスとメスの違いが解り難いですね。「メスの方が顔や腹部が白っぽく、目の上に薄い眉斑がある」との事ですが、こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Today's photograph(キセキレイ・ジョウビタキ・トラツグミ) 

仕事先でたまに立ち寄る公園で野鳥の観察です。今回はいつものフィールドではなく敷地内にある動物公園に足を運んでみました。 園内には近隣の森林から飛んでくる野鳥がたくさん集まってきます。森林で見かけられなかった鳥類が観察できた事に感動した次第です。 キセキレイには初の対面です。胸元の淡い黄色がきれいですね。 スズメ目セキレ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Today's photograph(ジョウビタキとアオジ) 

東京湾にも野鳥達が集まる場所があります。ここは東京湾野鳥公園。1978年にできた大井第7埠頭公園がその始まりです。その敷地は当初3.2haでしたが拡張開園を望む市民の声により1989年には24.9haの広さとなり東京湾野鳥公園として開園された場所です。園内には淡水池や潮入りがある干潟などもありとても貴重な場所である事を感じました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Today's photograph(ノジコとビンズイ) 

動物園の野鳥コーナーで出会った小鳥です。 ■ノジコ  スズメ目ホオジロ科ホオジロ属:準絶滅危惧(NT) 「本州中北部でのみ繁殖が確認されている日本の固有種」で「生息地が限られていることから、生息個体数もあまり多いとは言えない」との事。生息数の減少が起こると種の絶滅に直結する可能性もあるようです。生態についてはよく解っていない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Today's photograph(たまには野鳥) 

タイトルの「たまには~」が★さんの真似っこですがご勘弁をw 最近、カメラを手にして散歩をされている方をよく見かけます。目的は様々でしょうが、趣味があるってとても良い事ですね。 久し振りのカワセミくん。野鳥を撮ってきた中でカワセミにレンズを向けたのはまだ数回しかありません。(初めてのショットはコチラ)ブッポウソ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Today's photograph(散歩2)

早朝、家族を駅に送る用事がありまして、せっかく早起きしたのだからと、すんなり帰宅せずに昨日散策した公園付近へ出かけてみました。 早朝の見沼自然公園。毎度の事ですが朝の公園は気持ちが良いですね。 公園をぐるりと周って今日は田園を流れる川沿いを歩いてみました。やはり気になるのは野鳥ですねw 場所は加田屋川周辺です。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more