GPU BIOSの抽出

NVIDIA GPUでも基本的にBIOSの抽出方法は同じですが、ここではATI GPUのBIOS抽出として記載しています。

以前「ATI RADEON HD4850 冷却ファン制御 」で記載しましたが、GPU BIOSをRadeon Bios EditorなどでカスタマイズすることでGPUのチューニング枠を広げる事が可能になります。BIOSデータはtechPowerUp!Video BIOS Collectionmvktech.netにて入手できますが、ここで注意したいのはマスタBIOSを必ず保存しておくことです。オリジナルBIOSでシステムにトラブルが出た場合、マスタBIOSに戻す必要性があるからです。手持ちのBIOSを抽出するにはTechPowerUpで紹介されている「GPU-Z」と言うシステムインフォメーションtoolを使用します。

画像


①GPU-Zを起動させBIOS Version項目の右端にあるアイコンをクリックします。

②クリックすると2項目のドキュメントが現れますので「Save to file...」を選択します。

画像


抽出したBIOS binファイルに分かりやすい名前をつけて指定場所に保存します。これでマスタBIOSの抽出は完了です。Radeon Bios Editorを使えばマスタBIOSの詳細を確認することができます。

画像


画像


Radeon Bios Editorについては「Tutorial on how to use RBE (Radeon BIOS Editor)」を参照してみて下さい。

では。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック