DiRT 2

DiRT 2、正式には「Colin McRae: DiRT 2」と呼び前作の「Colin McRae: DiRT」に続くオフロードレースGAMEである。

Colin McRae: DiRT 2はMicrosoft DirectX 11対応GAMEとして注目を浴びている作品で、筆者も関心を持っていたPC GAMEの一つだ。4Gamer.netでも記されているようにPC版をDirectX 11に対応させる為、製品発売をコンシューマ機と同じにせず3か月ほど遅らせたところにもデベロッパーの意気込みが感じられる。

Minimum Specifications:

* OS: Microsoft Windows XP, Vista or Windows 7
* Processor: Intel Pentium 4 3.0Ghz or AMD Athlon 64 3400+
* Memory: 1GB (2Gb for Windows Vista)
* HD Space: 10GB
* Video Card: ATI Radeon X1500 or NVIDIA GeForce 6800

気になるPCスペックだが上記データを見る限りそれほどハードルは高くない。GPUに関してだが、「DX11は必要ないよ」と割り切るならATI Radeon X1500 or NVIDIA GeForce 6800でも楽しめる事ができそうだ。

今回はSAPPHIRE HD 5870 1G GDDR5にバンドルされていたColin McRae: DiRT 2 PC版を使用しDirectX 11を堪能してみた。

画像



画像


画像


画像


画像


画像


画像

レースゲームは得意ではない筆者もそれなりにサクサク進められた感がある。

画像は全て下記のシステムでプレイし、キャプチャしたものです。DX11でのプレイではビジュアル要素が極まり非常に綺麗な画像が楽しめますね。

また、Shader Model 5.0 採用により被写界深度の描写などが上手くできている点もDX11でプレイする際の楽しみでしょう。※DX11モードで遊ぶにはOSやハードウェアなどが対応している必要性があります。

Central Processing Unit AMD Phenom(tm) II X4 955 Processor
Internal Clock 3600 MHz
External Clock 200 MHz
m/p 200MHz×18.0
Core Voltage:1.44v
CPU cooler:Zalman CNPS9900 LED
Mainboard: Gigabyte GA-MA790FXT-UD5P
Video Card:ATI Radeon HD 5870
Driver Version:8.682.2-091214a-092914E
Total Physical Memory:A-DATA Extreme Edition DDR3 1600G 2Gx2
Hard Disk : WDC (1TB)
DVD-Rom Drive : PIONEER DVD-RW DVR-212 ATA Device
Operating System : Windows 7 Enterprise Professional 6.01.7600 (x64)


ゲーム内容に関しては賛否両論のようだが、筆者的にはカジュアル感覚で誰にでも楽しめるGAMEかと思う。ただし、マシンチューニングなど細かな設定などは設けられていない。

気になる方は4Gamer.netで「Colin McRae: DiRT 2」のDEMOがUPされているので体験してみるといいでしょう。ベンチマークモードの用意やDirectX 11をサポートしているので購入をされる場合、参考になるかと思います。動作環境もココで再度確認してみて下さい。

ではまた~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック