ATI Catalyst 9.7 WHQL Vista/Windows 7 32/64bit

Guru3D.com ATI Imageでは、ATI Catalyst 9.7 WHQL Windows 7・Vista 32-bit/ATI Catalyst 9.7 WHQL Windows 7/Vista 64-bitを公開しています。

ATI Catalyst・9.7--AMDの最初の公認はWindows7を統合しました /WindowsビスタマイクロソフトWHQLはWindows7 RTMのためのグラフィックスドライバーを保証しました。


特徴

*ATI Catalyst 9.7ではWindows7の安定性や性能向上に重点が置かれています。

*ATI Catalyst・9.7は、Windows7 32bitとWindows7 64bitにおけるATIビデオコンバーターのサポートを導入します。

*革新のリーダーシップ
Windows7 WDDM1.1の特徴とAMD ATI CatalystはATIラデオンHD4000Series、ATIラデオンHD3000Series、およびATIラデオンHD2000Seriesをサポートします。

ATIカタリストコントロールセンター最新版

ATI Catalyst Controlセンターは、現在大きな位置を占めます:

画像


画像


画像


*新しく設計されたデスクトップとDisplaysマネージャー
*Windows 7下のHydraVisionに対するフルサポート
*新しいATI Catalyst Controlセンターは、Windows 7とWindows Vistaをサポートします。

・ATI VideoエンコーダーアップデートによりWindows 7をサポート

*ATI Catalyst 9.7は、Windows 7 32ビットとWindows 7 64ビット下にATI Videoコンバータをサポートします。
*ビデオファイルを変換するとき、ATI Stream技術、ATI Radeon HD 4800 Seriesの所有者とATI Radeon HD 4600を使用して、グラフィックスカードのSeriesは相当なパフォーマンス改善を成し遂げるためのこのビデオ転換ツール(ATI Catalyst Control Center Basic Viewで見つかる)を利用することができます

パフォーマンス改善

Catalyst・9.7は、frameratesがCPUlimitedであるいくつかのケースに、性能利点をもたらします。 いくつかの測定された例が下記の通りです:

*Crysis-非常に高い品質プリセットの性能は、HD4800シリーズ製品の最高8%まで増大します。

*Lost Planet Colonies-HD4800シリーズ製品において8xアンチエイリアシングが使われる時に、性能は7-11%増大します。

※パフォーマンス改善においては付属的要素として捉える程度かと思います。最も優先すべきはやはりWindows7における安定性能でしょう。

ATI Catalyst 9.7 WHQL Windows 7 | Vista 32-bit
ATI Catalyst 9.7 WHQL Windows 7 | Vista 64-bit

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック