電気屋シリーズ「照明器具の割り付け」の巻

こんにちはblog yaloo管理人の影武者です。

兄貴に感化されてCSS編集なんぞをやってみました。どうでしょう、見易くなりましたでしょうか。

さて、1週間が1ヶ月にも感じたボリュームある仕事がようやく終わりました。何事もなく無事に完了できた事を感謝している次第です。

ところで、電気工事の仕事は配管や配線・器具の取り付けだけでないんですね。例えば照明器具などを、どこかにに設置するとしましょう。この場合、照度計算を元に設置場所の寸法に合わせて器具の割付を行う必要があるのです。これらは「墨だし」と言って電気でも重要な作業になるんですね。

ちなみに、簡単に均等割り付けできる算出方法をご説明させて頂きます。

画像



上記画像のとおり、仮に32メートル長の天井に4台の照明器具を取り付けるとしましょう。さて、あなたなら均等に割りつける為の計算をどのようにしますか?


画像

※Office Excelの一マスを2メートルとしています


値を算出する方法は何通りかありますが、簡単な方法としては設置する照明器具数を倍数にして、取り付け面の長さを除算すれば、基本となる値が求められます。今回の例で算出すると32÷(4×2)=4となります。4メートルが1台目を設置する最初の寸法になり、2台目はその倍数の8メートルとなります。対比では1:2:2:2:1となるわけですね。よく考えてみれば難しい事ではありませんが、器具の台数が多く距離もある場合などは役立つ計算方法かと思いますよ。

※天井高や床面、壁面の反射率などにより割り付けの寸法は変わる場合があります。

ではまた~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック