The physical measurement of ATI RADEON HD4890

こんにちはblog yaloo管理人の影武者です。ソニーがPSPの新モデル「PSP Go」を正式発表したようですね。満を持して発表された「PSP Go」、ソニーの主力製品として起死回生に役立つといいですね。

さて、PCI-E グラフィックカードATI RADEON HD4890の地味な、いやマニアックな記事を掲載させて頂きます。何分こういった内容の記事は海外サイトでしか見つけられませんでしたので、各々のサイトを参考にして自分なりに編集の上、UPした次第です。一部の方にしかお役に立てないでしょうが、参考になれば幸いです。

HD4890
画像

HD4890が既存 HD4870と最大の差を見せる部分が、5+2Phaseの電源部構成である。まず GPU 電圧制御の役目をする PWM コントロ-ルロのVT1165MFが既存1個(HD4870)から2個(HD4890)に増加されている。またメモリーへの安定電源供給のために別途、Volterra VT242WFチップ 2個と Pulse SMD インダクターが 2個使われている。

VT1165MF
画像


Volterra's VT1165MF電圧コントローラ。それは、最高2.0Vのボード電圧の変化を許します(デフォルトは1.0V) HD 2900 XTでは2つのVT1165MFのうちの1つが、メモリー電圧MVDDCを生成するために使用されます。

CPLA-3-50
画像

GPU電源部構成は 3Phase構成CPLA-3-50インダクターそして2Phase構成PA1312NLインダクターとVT1165SF 2個・VT1195SF 1個、VT1165SF 2個の組み合わせになっている。これによりGPUに最大160Aの電源供給ができるように設計されており、オーバークロックにもより柔軟に対応することができる長所を持っている。

VT1195SFMAX40Aを供給できる。
画像


VT1165SFMAX30Aを供給できる。
画像


PA1312NL
画像


Pulse, A Technitrol Companyの新しいマルチフェーズ結合インダクタは、ボルテラのVT1165MとVT1115Mチップセットをサポートするためにボルテラとの許諾契約で開発、製造されています。(チップセットは特許をとられた結合インダクタ位相を実行します)

★並列しているCPLA-3-50、PA1312NLの2つのSMDインダクタが5フェーズのGPU電源に使用されます。

PA0511.221NL
画像

Pulse EngineeringのPA0511.221NLTは4870と同じもの。Radeon HD 4890の2フェーズメモリ電源はメモリに必要とされる最大の電流より多く(12A について)、 20A 以上を供給させる為に、2つの CSP VT242WF チップを使います。Storage Temperatureは-40℃ to+130℃

VT242WF
画像

HD4890:Volterra VT242WF×2個、Pulse SMD×2個

ビデオメモリーは2つのVT242WFチップから電力供給として使用される。

2つのCSPVT242WFチップがGDDR5メモリに専用の2フェーズの電源を提供することで、PowerPlayer機能の性能を向上させているようです。

RV790
画像

トランジスタ数が9億5900万まで増加したRV790。RV770に比べダイサイズは大きくなっている。
RV790:17.15*16.93mm
RV770:16.59*16.50mm

GDDR5 - Qimonda AG:IDGV1G-05A1F1C-40X
画像


Sapphire Plans Atomic HD 4890 は定格で1GB GDDR5 and core/memory clock of 1000/1050MHz (effective 4200MHz)のスペックを備えています。Qimonda IDGV1G-05A1F1C-40Xのmemory clockは冷却と電圧のチューニングが維持できる限り、最大で1375MHz(effective 5500MHz)まで上昇させるが可能である事をデータシートが理解させます。

Product Type:IDGV1G-05A1F1C-40X
※D: DRAM, GV: GDDR5, 1G: 1Gbit, 0: 1 x CS, 5: x32, A1: 1st node, F1: FBGA, C: Commercial 0°- 85/95°C
Description:DDR5-1000, 1.5V, 32Mx32
Input Voltage:0.5~2.0v
Output Voltage:0.5~2.0v
Storage Temperature:stg -55~ +150℃
Junction Temperature:tj +125℃
Short Circuit Output Current:Iout 50㎜A


ATI Radeon HD 4890

Stream Processing Units:800

Clock speed:850 (and higher)

Memory Clock:3900 MHz (effective)

Math processing rate (Multiply Add):1360 GigaFLOPS

Texture Units:40

Render back-ends:16

Memory & type:1024MB GDDR5

Memory Bandwith:125 GB/s

Memory interface:256-bit

Fabrication process:55nm

Power Consumption (peak):190W

Power Consumption (Idle):60W


画像


Source:
Expreview.com

ATI RADEON HD4870 VRM 温度その2

techPowerUp! Forums

★ここに掲載している画像は全て筆者が撮影、加工したものです。画像を使用される場合は一言コメント下さいませ。(あ、こんな画像は必要ないか・・・・)

The writer photographed the image which I carried here entirely and machined it. When it is used an image, a word please comment.


ではまた!Good-bye!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック