amd.com

Blog Yaloo

アクセスカウンタ

Google
WWW を検索 サイト内を検索

zoom RSS GIGABYTE AM3 GA-MA790FXT-UD5P

<<   作成日時 : 2009/03/02 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

こんにちはblog yaloo管理人の影武者です。富士通と米AMDの合弁企業である米Spansion社が破産保護を申請したようですね。コスト削減策により体制の立て直しを図るとの事ですが、その内容はやはり「人員の削減」が真っ先に行われるようです。

さて、Socket AM3のAMD Phenom II X3 720BEが売れていますね。X4化の話題が起爆剤になっているようで。

AM3構築はしばらく様子をみるつもりでしたが、AMD Phenom II X3 720BEの価格性能比をみていると「これはいいかも」と財布と睨めっこ。

とは言え予想以上にAMD Phenom II X3 720BEは人気があり、現時点では在庫切れのショップがほとんどです。仕方なくAMD Phenom II X4 810を購入という運びに相成りました。

ん、逆に値段が高いやないか〜い

■GA-MA790FXT-UD5P

画像


CPUが決まったところでマザーの選択となりますが、AM3対応のマザーボードは今回もGIGABYTEに決め射ちです。決め手は下記の通り。

Ultra Durable3搭載

省エネ機能Easy Energy Saver搭載

デュアルチャンネル DDR3 1666+ MHz対応

PCI Express x16×2 のフルレーン対応

拡張スロットに拘りがないのであればPCI Express x16×2(x16、x8)のGA-MA790XT-UD4Pが安価でおススメかと思います。

MSI 790FX-GD70も十分気になっていたんですけどね・・・・


・GA-MA790FXT-UD5Pの対応CPUリストはコチラ
・GA-MA790FXT-UD5Pの対応メモリリストはコチラ

購入前に注意したい点は・・・
AM3対応を謳うマザーボードの中には既存そして最新マザーにて多数(AM3/AM2+/AM2)ありますが、メモリの対応がDDR2のみ対応の製品と、GA-MA790FXT-UD5PのようにDDR3のみ対応の製品などがありますので、よく調べてから購入する事をおススメします。

★パッケージの違い

・Socket AM2+ (940-pin) オーガニック μPGA

・Socket AM3 (938-pin) オーガニック μPGA

AM2+に比べAM3は2pin少ないパッケージとなっているため、AM3パッケージ専用のマザーにAM2+ CPUを載せるのは不可能だ。逆に940-pinのマザーに938-pin(Socket AM3)は装着可能になる。

画像

GIGABYTEのGA-MA790FXT-UD5P。AMDもやっとデュアルチャンネル DDR3 1666+ MHz対応のマザーが登場した。多機能、高性能マザーが2万円を切る価格で購入できるのはありがたい事です。
UMAX DDR3メモリも写っているが、GA-MA790FXT-UD5Pの対応メモリ一覧にこのメモリは記載されていない。
逸る気持ちを抑えられない筆者のような方は、最悪の事を覚悟して購入しましょう。

画像

Socket AM3 (938-pin)

画像

DDR3 1666+ MHz対応となったGIGAのマザー。メモリ最大容量は4スロットマックスで16GB。ベースクロックUPでOCを試みる場合はメモリの選定にも注意したいところだ。

画像

10 個の電源フェーズを搭載しているのはMA790FX-DQ6からの流れですかね。Phenom II X4 940 BEのOCもしっかり支えてくれたマザーの血を受け継いでいるなら安心です。

画像

AMD 790FXとAMD SB750の組み合わせではサウスブリッジまでヒートパイプが伸びている。SATAのポート数が10と他に比べて多いからなのだろうか。Ultra Durable3搭載によりマザー全体が「高効率で低発熱」との事なので、GA-MA790FX-DQ6と比べてどの程度システム温度が変わるのか気になるところです。

画像

AMD SB750チップ×6ポート、GIGABYTEチップ×4ポートの計10ポートのSATAを装備している。ディスクアレイはAMD SB750チップでRAID 0/1/5/10/JBOD、GIGABYTEチップでRAID 0/1/JBODを構築可能。ちなみにこのSATA配置は筆者が前から望んでいた場所についているんですね。いままでの配置ですとCFXを組んだ際、使用できないポートがあったのです。

画像


画像

Intel マザーでは逸早く装着されていたオンボードスイッチも搭載されている。ケースに組み込む前の試運転時などには重宝するでしょう。

画像

リアパネルI/Oポートですが、2つのギガビット LANポート・はGA-MA790FX-DQ6からのものですね。オー ディオ再生機能は7.1チャンネルから192kHz/32ビットの8チャンネルに、eSATAインターフェイスが無くなりUSBポートは8つに増えています。

画像

画像は GA-MA790FXT-UD5Pの背面

画像

画像はGA-MA790FX-DQ6の背面

GA-MA790FX-DQ6では強力な冷却−Quad Cooling(クワッドクーリング)を装備していましたが、GA-MA790FXT-UD5Pの背面は極シンプルです。45プロセスへの移行や新しく取り入れたUltra Durable3などの仕様により大げさな冷却機能は不要になったのでしょうね。

さて、ではその性能を・・・といきたいところですが、肝心のCPUが届いていません
近日納品される予定ですので、着弾次第レポをUPする予定です。

ではまた。

GIGABYTE--AMD UD3 web
株式会社リンクスインターナショナルGA-MA790FXT -UD5P

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
またギガですか
自分は変えたばかりなので買いませんが、替えるとしたら
MSIかなスロット配置が絶妙(ほんとはEpoxが好き(汗)
話は違いますが今週中には海門HDD帰って来るようです。
2台ともハード障害ぽかったのでRMAしました(笑)
Hamugou
2009/03/03 18:41
ご無沙汰です。MSIは私も狙ってたんですけどね。ま、今のところはGIGAでいきますよ。
管理人
2009/03/04 00:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
GIGABYTE AM3 GA-MA790FXT-UD5P Blog Yaloo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる