amd.com

Blog Yaloo

アクセスカウンタ

Google
WWW を検索 サイト内を検索

zoom RSS Catalyst 8.11 RC1 (8.542) を試す

<<   作成日時 : 2008/10/17 19:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちはblog yaloo管理人の影武者です。Catalyst 8.10をお使いの皆さん、使い心地はいかがでしょうか。筆者は昨日入れてみたもののCCCによる不具合でエラー表示が頻繁にでてしまう状況に陥ってしまいました。

画像

CCCがらみのエラーは厄介ですね。特にVista上では解決の糸口を見出すのは一苦労します。

Cata8.8に戻すことも考えましたが、海外サイトで色々調べてみるとCatalyst 8.11 RC1 (8.542)なるもの発見しましたので、早々使用してみました。勿論危険は覚悟の上です

と、その前にエラーの原因である根を断つべく全てのATIファイルをセーフモード上でDriver Cleaner Proを実行して削除、その上でCatalyst 8.11 RC1をインストール。先にCata8.10を投入しエラーの原因究明をすべきでしたが、先を急ぐあまりCatalyst 8.11 RC1をいきなり当てちゃいましたのでその辺は明確になっていませんです

■Driver Cleaner Pro
画像


画像

ドライバをインストールする前にUninstallできなかった以前のドライバ破片を根こそぎ削除しておくのは常識なんですけどね。

画像


画像

8.10ではどうなのか展開できなかったのでわかりませんが、Catalyst 8.11 RC1では「手動ファン制御を有効にする」なんて項目がありますね。じゃ早速ポチッ・・・あ〜確かにファンが可変しましたね。これはいいかもしれません。しかしX2のファン稼働率設定は初期で40%なのですが、一度手動で可変させてしまうとデフォに戻しても基準値が50%で固定されてしまいますね。この辺はBIOSの設定が絡むのでしょうが・・・。

画像

Fan Minimum 20%でRPMはおよそ930
Fan Maximum100%でRPMはおよそ4740

画像


何れにしましても現時点ではこのCatalyst 8.11 RC1で不具合は起きていません。数日間PCゲーム及びBenchMarkで様子を見ることにしますが、ATIでは近日ドライバの更新を行うでしょうねきっと。

Catalyst 8.11 RC1は公式のドライバではありませんので、あえてリンクはとっていません。ご自分で探されて使用した上、何らかの不具合がでても提供者及び当方では一切の責任は負えませんのでご注意を!

★システム詳細
> Processor : QuadCore AMD Phenom X4 9850 Agena (OC 3.1GHz) 15.5x200MHz(no voltage up)
> Mainboard : Gigabyte GA-MA790FX-DQ6(BIOS F6B)
> Physical Memory : FSH1066 PC2-8500 1GB×2 DDR2 Memory
> Video Card : MSI  R4870X2-T2D2G-OC
> Hard Disk : WD3000GLFS-01F8U0
> Power supply:GIGABYTE ODIN GT_800W(GE-S800A-D1)
> Operating System : Windows Vista (TM) Ultimate SP1
>PC Case:Fatal1ty Computer Enclosure(FC-ZE1)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Catalyst 8.11 RC1 (8.542) を試す Blog Yaloo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる