ATI Radeon HD 3870 CrossFireX 追記

こんにちはblog yaloo管理人の影武者です。韓国のWibro(モバイルWiMax)サービスが世界から注目されているようですね。Wibroは「2006年に世界で初めて韓国が商用化したモバイルWiMaxのサービス」で地下鉄や車での高速移動中でもアクセスが途切れることなくサクサクとインターネットが使えるようです。データのUP、Down速度は実測値でそれぞれ1.2Mbps、3Mbpsと「携帯電話からアクセスするよりも断然速い」との事。一足先にWibroを体験したいなら韓国KTが「韓国仁川国際空港より入国する外国人を対象にWibro(モバイルWiMax)が使えるUSBモデムを無料で貸し出している」ようなので時間がある方はソウルへ飛んでみてはいかがでしょうか。

Source:日経パソコンonline

さて、過去にATI Radeon HD 3870 CrossFireXの記事を記載しましたが今回final articleとして追記させて頂きます。

画像

※システム詳細ではOSがWin XPとなっていますが実際はOperating System : Windows Vista (TM) Ultimate Professional 6.00.6001 Service Pack1上で実行しています。

■BenchMark Score 過去のデータ
CPU:QuadCore AMD Phenom X4 9850 Agena
CPU clock:3.2GHz(定格2.5GHz)
HD 3870 GPU clock:C:810MHz M:1125(定格 コア776MHz メモリ1125)Cross FireX
BenchMark:3DMark06 Professional:14176

■BenchMark Score 今回のデータ
CPU:QuadCore AMD Phenom X4 9850 Agena
CPU clock:3.0GHz(定格2.5GHz)
HD 3870 GPU clock:C:776MHz M:1125 Cross FireX
BenchMark:3DMark06 Build 1.1.0:14931

※下記のBenchMarkではシステム上でHDDの換装が行われています。

BenchMarkのスコアはグラフィックカードの性能だけではなく、パーツ総合のバランスにより高い数値を得ることができるのだと言うことが上記した詳細で解ります。前者と比べ後者ではCPUクロックが200MHz下げ、GPUクロックはOCから定格に設定されていますが、HDDの換装により後者は前者を上回るスコアをMarkする事ができたのです。特にゲームマシンの構築においては各パーツへのウェイト配分に気を使う必要があるでしょう。
See You Again!

◆System(今回のテストシステム)
> Processor : QuadCore AMD Phenom X4 9850 Agena
> Mainboard : Gigabyte GA-MA790FX-DQ6(BIOS F4)
> Chipset : AMD RD790
> Physical Memory : Buffalo FireStix PC2-6400 4GB DDR2 Memory
> Video Card : ATI Technologies Inc Radeon HD 3870 Cross FireX(C:776MHz M:1125)
> Hard Disk : Maxtor (251 GB)→Western Digital Caviar GP (WD10EACS)
> DVD-Rom Drive : PIONEER DVD-RW DVR-212 sATA Device
> Network Card : Realtek Semiconductor RTL8168/8111 PCI-E Gigabit Ethernet NIC
> Power supply:ENERMAX INFINITI 720 EIN720AWT
> Operating System : Windows Vista (TM) Ultimate Professional 6.00.6001 Service Pack1
> DirectX : Version 10.00
>PC Case:Fatal1ty Computer Enclosure(FC-ZE1)
※赤文字は換装したパーツ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック