電気屋シリーズ(ケーブルストリッパーの巻き)

こんにちはblog yaloo管理人です。2008年最初の電気屋シリーズとなりますが、今回は「ケーブルストリッパーの巻き」を記載します。ここ数日かなり冷え込んでますよね。気温が下がるとケーブルも冷えて外装が硬くなり、ケーブルの皮むきで苦労する場合もでてきます。ケーブルの外装をむく時は普通、電工ナイフ等を使いますが外装が硬くなっているとナイフがすべり易くなり怪我をしてしまう場合があるんですね。そこで施工性や安全性を考えた「ケーブルストリッパー」という便利な工具が各電設工具メーカから販売されています。

■今頃になって気が付いた便利もの
VVFケーブル用のストリッパー等はかなり前から販売されていますが、この手のケーブルであればストリッパーなど使用すること無く外装はむけます。しかしCVケーブル(3.5or5.5-4C)などを長くむく場合はある程度熟れていないと時間がかかったり、また前記した通り下手をすれば怪我をする場合もあります。
※電工ナイフ代わりにカッターナイフを使っている電工さんも多いかと思いますが、誤って刃が皮膚に入った場合、簡単に骨まで達してしまいますので十分注意しましょう。電工ナイフの場合は刃の形状上、ある程度で止まるはずです。

そんなCVケーブルの外装も簡単にむいてしまう熟練不要のストリッパーがある事を、恥ずかしながら筆者は今日の工事で初めて知りました。電気工事士になってからそれなりに現場を見てきたつもりですが、こんな便利なものがあったとは目からウロコ状態です。施工性がグーンとUPしますね。「 くるくる回転 タテに引くだけでOK」とメーカが語る通り、女性でも簡単にCVケーブルをむく事ができます。1.2.3(いち、に、さん)で皮むきOKって感じです。

「何言ってんだよ、そんなものとっくに知ってるよ!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、筆者の様に未だ知らずに苦労されている方への情報記事とみて頂ければ幸いかと思います。

画像

携帯で撮った為、画質が悪いですがこれがCV用のケーブルストリッパー(φ4~37mmとサイズによって種類があります)です。詳しくはJefcom(ジェフコム)株式会社サイトで確認して下さい。

画像

鮮明な画像はメーカサイトのものです。

ジェフコム株式会社(旧 デンサン工業株式会社)

次回の電気屋シリーズは「作業用LEDランプの巻き」を記載予定です!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック