AMD Phenom(tm) 9500Quad-Core Processor(その3 OC)

こんにちはblog yaloo管理人の影武者です。師走に入りましたね。何にしても忙しく感じてしまうこの時期ですが、事故や怪我の無いよう十分注意したいものです。

さてAMD Phenom(tm) 9500 Quad-Core Processorレポートその3では常用可能と思われる範囲のOCを実行し3DMARK06とCINEBENCH R10をテストしました。

テストシステム
・OS: Microsoft Windows Vista Ultimate 32bit (Vista Retail)
・DirectX :DirectX 10.0
・マザーボード:Gigabyte GA-M790-DQ6
・CPUタイプ:AMD Phenom 9500Quad-Core Processor
・CPU Cooler:Zalman CNPS9700 LED
・マザーボードチップセット:AMD RD790, AMD K10
・システムメモリ:Patriot Memory PSD21G8002/2048 MB (DDR2 SDRAM)
5-5-5-16 (CL-RCD-RP-RAS) / 21-42-3-6-3-3 (RC-RFC-RRD-WR-WTR-RTP)
・BIOSタイプ:AMD 790FX BIOS for GA-MA790FX-DQ6 F3a  Award Modular (11/29/07)
・ビデオカード:ATI Radeon HD 2900 XT 512MB GDDR3/CrossFire:有効
・Power source:ENERMAX INFINITI 720W (EIN720AWT)

各電圧及び倍率詳細は下記画像の通りです。

画像

※設定はBIOSで実行しEasyTune5 Proは確認の為のみで使用。一部電圧は昇圧していますが実際その必要性は無いかもしれません。

3DMARK06

★CCC設定
・AA アプリ設定
・AAA Performance/Super-sampling
・AFアプリ設定
・Catalyst A.I Standard
・MDL Quality
・Resolution:1280×1024
・Screen color setting:MAX 32bit

Score:13443 Mark

※CPUクロック:2600 MHz (11 x 237) 4コア共通OC
※GPUクロック:743MHz(定格)/RAMDACクロック:828MHz(定格)
※HT ×7

画像

※CPUのみのオーバークロックだが予想以上のスコアをマーク。CINEBENCH R10も完走している事をみると常用は可能か。

★ちなみにCCC設定等、同条件でグラフィックカードもオーバークロックしてテスト。
※CPUクロック:2600 MHz (11 x 237) 4コア共通OC
※GPUクロック:830MHz(OC)/RAMDACクロック:1002MHz(OC)
※HT ×7
Score:13061 Mark

画像

※逆にスコアが若干ダウン。原因はBIOS設定によるものか・・・Catalyst™ Driverによるものなのか・・・

★AMD OverDrive Auto Clock Statusでの自動OCも参考までに記載しておきます。

★CCC設定等、同条件でグラフィックカードは定格にてテスト。
※CPUクロック:2533 MHz (11 x 230) 4コア共通OC
※GPUクロック:740MHz(定格)/RAMDACクロック:828MHz(定格)
※HT×9
各電圧・倍率等は全てAuto Clock Statusにて自動設定されたものです。

Score:13391 Mark

画像

Auto Clock StatusでのOCは手間をかけず安定したパフォーマンスを得られる。画像は自動モードを途中で中止しBenchMarkを実行した結果だ。それにも係わらずスコア13391をMarkできた成果は大きい。現時点ではスコアを見る限りグラフィックカードのOCに拘る必要性は無いように思える。総合的にバランスの取れたチューニングが時間をかけずにAuto Clock Statusで実行できることが今回のBenchで理解できたと思う。 更にパフォーマンスを向上させたいのであればPCI Express® 2.0 やIncredible Microsoft® DirectX® 10.1performance をサポートするHD 3800 Seriesの投入を考えれば良いだろう。また今回使用しているマザボード、GIGABYTE MA790FX-DQ6のBIOSはFirst Releaseを含め12/07/2007現在でVersion.6の6つ目となっており急速な対応、更新が図られている。テスト中も最新Ver.のBIOSを使用していることから今回のBenchにおいてAuto Clock Statusが安定したクロックを弾き出せた背景にBIOS更新が影響している事は間違いないと思われる。課題が残る幾つかの問題も今後リリースされるBIOSで解決されていく事を願いたい。
AMDが掲げるPCパワーユーザ向けプラットフォーム「Spider」(コードネーム)によるパフォーマンス向上は十分期待できるものではないだろうか。

※ GIGABYTE MA790FX-DQ6のBIOSは現時点でVer,F3CがUPされている。
1. Fix TLB erratum in L3 cache for AMD Phenom CPU
2. Improve HT3.0 bus overclocking ability
TLB patch投与による影響は最大13%程度の性能低下が見られているようです。

LostPlanetDX10
画像

画像はLostPlanetDX10の低解像度設定によるスコア。設定が甘ければ誰でも高スコアをMarkできる。LostPlanetDX10の高設定では筆者システムでさえFPSのAverageは「18と」極端に動作が鈍る。

CINEBENCH R10
CPU Render Test
AMD Phenom(tm) 9500 Quad-Core CPU
Clock:2421MHz Score6693
Clock:2588MHz Score8008
Clock:2600MHz Score8042(微調整の結果2.6GHzへ到達)

画像


SiSoftware Sandra Lite XIIc
BenchMark the ALU and FPU
CPU:Dhrystone ALU
43371MIPS Intel Core2 QuadQ6600(2.66GHz 2×4ML2)
48196MIPS Intel Core2 QuadQX6700(2.40GHz 2×4ML2)
53003MIPS Intel Core2 QuadQX6800(2.93GHz 2×4ML2)
84426MIPS 2×Intel XeonE5345QC(2.33GHz 2×4ML2)
39569MIPS AMD Phenom9500QC(2.20GHz 2M/L22M/L3)
CPU:Whetstone iSSE3
30180MFLOPS Intel Core2 QuadQ6600(2.66GHz 2×4ML2)
33538MFLOPS Intel Core2 QuadQX6700(2.40GHz 2×4ML2)
36883MFLOPS Intel Core2 QuadQX6800(2.93GHz 2×4ML2)
58749MFLOPS 2×Intel XeonE5345QC(2.33GHz 2×4ML2)
33382MFLOPS AMD Phenom9500QC(2.20GHz 2M/L22M/L3)

MIPS=コンピュータ処理速度の性能指標。現在ではSPECint などのベンチマークが標準化されておりMIPS値はほとんど使われなくなっているようだ。
MFLOPS=浮動小数点数演算(実数計算)

※MFLOPSで見る限りではAMD Phenom(tm) 9500 OC(2.60GHz)の性能はIntel Core2 Quad QX6700に近い値をMarkしている。

画像


画像


GangedとUnganged
AM2+パッケージに対応するBIOS上でのメモリ設定ではGangedモードとUngangedモードが選択できるようになっている。Gangedモードは従来のデュアルチャンネルである128Bitバンドでアクセスさせる方法でUngangedモードはシングルチャンネルでメモリーコントローラを2個使いアクセスさせる方法である。Phenomはメモリーコントローラを2個内蔵しているのでメモリーチャンネルを独立してアクセスさせることが可能である。ちなみに筆者のシステムではUngangedモードでは起動することはできなかった。

Intelに近づいたAMD
AMD初のQuad-Core Processor Phenom9500、CINEBENCH R10でのOCテストでは残念ながらIntel Core™2 Quad 6600のスコアを上回る事はできませんでしたが、結果としてかなりの感触を得ることができたと思います。スコアの差は依然としてキャッシュ容量の違いが表れているような気もしますが、BenchMarkソフトによってはAMD Quad-Core Processor環境に適していない部分も感じられる面があるのでハンディがあるかもしれませんね。何れにしましても今回のOCテストによりPhenom上位版の登場に改めて期待感を持った次第です。

■AMD Phenom 9700 Quad Core test UPされています
guru3d.comではAMD Phenom9700 Quad Core processor PreviewをUPしています。興味がある方は覘いてみましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ATI RADEON HD 2900XT CrossFire始動

    Excerpt: こんにちはblog yaloo管理人の影武者です。台風(ファクサイ)が接近していましたが本土直撃は避けることができたようですね。年々大型の台風が増えている気がしますが、これも地球温暖化の影響なんですね.. Weblog: Blog Yaloo racked: 2008-04-03 19:56
  • ATI Radeon HD 3870 CrossFireX始動

    Excerpt: こんにちはblog yaloo管理人の影武者です。冷たい雨が降る1日となりましたね。 Weblog: Blog Yaloo racked: 2008-04-11 10:57