電気屋「マンション施工」

[業者の苦悩]
景気回復が横這い状態の中分譲マンションの売れ行きは良好のようですね。購入価格が過去に比べ手頃になっているからでしょう。購入する方にとっては有難い話しですが施工する側にとってはとても厳しい条件なのです。工期が短い上に請負金額がとてつもなく低い事に尽きます。通常マンション等の建設ではデベロッパ(開発業者)からゼネコン(総合建設業)へ施工依頼がありゼネコンがサブコン(下請業者)を選定し施工が行われますが、ここで「分譲価格が低い≒請負金額が低い」と言う式が成り立ちます。短期間で質の良い施工を行えるかどうかは「職人や代理人の腕次第」なのですが請負額が低ければ当然「施工に対する意気込み」も違ってきます。ボランティアで仕事をしている訳ではないのですから。だからと言って手抜き工事をすれば命取りとなりこの業界で生き延びる道は無くなってしまいます。多くの請負業者はそんな狭間の中で苦しんでいるのが現状と言えましょう。殆どのデベロッパでは施工において厳しい品質管理を行っています。各専門分野のプロを委託社員として雇い定期的に現場にて施工状況を確認させている事が多いです。またデベロッパごとに「標準仕様」がありその仕様に適した施工を行わないとペナルティを科せられる事もあります。(電気的に納得いかない事も多いのですが・・・)
[士農工商]
建設には多くの業種が関わっています。マンションの施工では「鉄筋屋・型枠大工・左官屋・タイル屋・ペンキ屋・土木屋・石屋・電気屋・設備屋」などがそうです。ヘルメットを被り作業している姿を一般の方が見れば皆一丸となって建設に取り組んでいるように見えますが、仮囲いの中では業者間に暗黙の上下関係が出来上がっています。まさに士・農・工・商そのものなのです。筆者が偏見で言えば「士は建築業者、農・工は鉄筋屋・型枠大工・左官屋・タイル屋・ペンキ屋・土木屋・石屋等、そして商が電気屋・設備屋」となります。このように電気・設備は上下関係で一番低い立場になっています。何かと肩身の狭い思いをしている事が多いですね。想像もつかないでしょうが時としてコンクリート打設時に土工さんの手伝いでバイブレータ(コンクリートが健物の隅々まで万遍に行き渡るように振動を与える為の物)を持ち歩く事もあります。(名目上では配管の確認となっていますが)分離発注でなく組下で施工する場合はいやでも「士農工商」の図式に当てはめられる事が大半なんですね。仕来りかどうかは知りませんがこのような時代遅れの図式がまかり通っている事に矛盾を感じているのが本音です。

■次回の電気屋は「マンション施工その2(見た目の世界)」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

A
2005年10月13日 19:21
お久しぶりでぇす。
もう10月ですねぇ~
今年のY会は難しそうですね(>_<)

HPだいぶ変わってきましたね!!
管理人
2005年10月13日 19:35
お久し振りです。今年もあと2ヶ月となりましたね。Y会は年末予定していますよ。いつものメンバーN氏やM氏は当然のことT氏やA.Y氏も加わって皆で飲めればと考えております。先日T氏ともそんな話をしたところです。
ところで、このコメントはY町から送信されたのでしょうか?気になりますが・・・。
また遊びに来て下さいね。
それでは。

この記事へのトラックバック