電気火災

画像
今の季節特に注意しなければならないのが火災です。ストーブ・電気ヒータ等、どの家庭でも使用しているでしょう。火災と聞くと「火を使うもの」のイメージが強いですが目に見えない電気も火災原因のひとつになっています。電気火災の要因は様々ですがご家庭でもすぐ確認できる事があります。
  
コンセント
<トラッキング現象>
私たちはテレビ・ビデオ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン等必ずと言って良いほど電気製品を使用しています。しかし通常そのコンセント付近を意識して見る事はあまりないと思います。では改めてよく見て下い。差込部分に結構ほこりがたまっていませんか?特に水周りのコンセントは湿気によりホコリが湿っている事があります。ホコリ等が付着して水分を含んでくるとプラグの差し刃と差し刃の間を電気が流れるようになります。その際熱でホコリ、そしてコンセントに接する絶縁部が徐々に炭化し放電が繰り返されます。やがて絶縁抵抗が下がり電気機器を使用していなくても短絡により火花が発生することがあります。 ひどい場合火災に至ります。これをトラッキング現象と呼び火災の要因になっています。一部の分電盤にはトラッキングを検知して瞬時にブレーカを遮断する機能を搭載している製品がありますが、通常の漏電ブレーカは作動しない事がほとんどなので知らないうちに発火してしまいます。まずはご自宅の差込部分を確認してみましょう。コンセントがらみの要因はまだあります。タコ足配線、コードとコンセントプラグの付け根部分の断線、コンセント差し金の変形によるものです。
タコ足配線は許容電流以上に電気を使用する為コードやプラグが異常に加熱します。過電流によりブレーカが作動する場合もありますが長年使用しているブレーカなどは感知能力が低下していることがあり、作動せずにプラグが過熱し火災になると言った例もあります。付け根部分の断線やコンセント差し金の変形はコンセントプラグを抜く際プラグを持たずにコードを持って引き抜くことによっておきやすくなり、やはり断線しかかった部分や変形した差し金部分の電気抵抗が増加しそれぞれ過熱により発火する事があります。お子さんがいらっしゃるご家庭は特に注意して下さい。コンセント部分のほこりを取り除く場合は濡れた雑巾は絶対に使用せず乾いたもので取り除いて下さい。勿論手も濡れていては危険です。湿ったほこりが付着している場合は一旦ブレーカを遮断して取り除く作業をしたほうが良いでしょう。女性の方で不安な場合は男性の方にお願いしましょう。また、お手伝いでもお子さんにはさせないで下さい。但し感電も含め電気は思ったより「怖いものなんだよ」とよく説明してあげて下さい。

■写真はトイレ内ウォシュレットコンセント部分(湿ったほこりが溜まりやすい所です)
今回は電気火災要因のほんの一部を記載しました。機会があれば今後も関連した記事を取り上げていきたいと思っています。

★筆者HPに「電気のはなし」サイト開設しました。不定期に更新されますが電気に役立つ情報や裏方の話も公開していく予定ですお楽しみに  

一応筆者は電気工事業に携わっておりますが不適切な内容がありましたらコメント下さい。

財団法人 関東電気保安協会
テンパールの安心ブレーカ   




  

  
  
  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック