amd.com

Blog Yaloo

アクセスカウンタ

Google
WWW を検索 サイト内を検索

zoom RSS オランダ風車「リーフデ」とカムロちゃん

<<   作成日時 : 2012/06/28 20:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 1 / コメント 4

久し振りに下見を兼ねて野鳥を撮りに千葉県にある印旛沼へ行ってみました。

オオヨシキリやセッカをはじめ猛禽類のハヤブサ、サシバ、ノスリ、オオタカが見られるフィールドです。



印旛沼は「海跡湖」の一つと言われ徳川家康が江戸の発展のために、江戸湾 (東京湾) に注いでいた利根川を現在のように銚子から太平洋へ流れるように変えた事によって、川から運ばれてきた土砂が作り出した沼です。水路の変更工事は文禄3年(1594)〜承応3年(1654)までの60年間に及ぶ大工事だったようですね。その後干拓工事により印旛沼は一つだった沼が大きく二つに分けられました。干拓工事には戦後の食糧難対策の為の田園拡張と、洪水対策の二つの目的があったようです。

田園に囲まれ爽やかな風が吹き抜ける印旛沼周辺ですが、残念な事に印旛沼の水質は水道水の水源としては全国で1番汚れていると言われています。

沼は富栄養状態でWater Bloomが大量発生した時などは水も臭くなり水草や小魚類は窒息死してしまう事があるようです。現在水質浄化の為に様々な取り組みが行われているようですが、利根川から東京湾に至るまでの水路があるのですから流動化を図れば水質は幾分でも改善されるのではないかと思うのですけどね。現状は水利権などの高いハードルがあり、そう簡単に事は進められないようです。『昭和初期には「月の光が明るいときは、沼の水が透き通り、底の白い砂がとても美しかった』と言われるほどの美しい沼だったようですね。素晴らしい環境なのになあ。

画像


印旛沼にもカミツキガメが出没するみたいですね。注意したいものです。

さて、鳥を探しながら周辺をドライブしていると大きな水車が。

画像


佐倉ふるさと広場にあるオランダ風車です。風車はメカニズム部分をオランダで製造しオランダ人技師により建設されました。動力源は自然の風のみで、電気等は使用していません。当然、風が止めば風車は止まります。この風車の名は日蘭交流の幕開けとなったオランダ船リーフデ号にちなみ、リーフデ(友愛)”De Liefde”と命名されています。リーフデは佐倉ふるさと広場のランドマークなんですね。

風車の風車守(ふうしゃもり)は操作により360度回転し風上に羽根を向ける事により効率よく風が受けられる仕組みになっています。風車守が360度回転するとは係りの方に話を聞くまで知らなかったな。お恥ずかしい。

オランダの風車は初期に粉挽き用として最盛期には干拓の排水用として多く用いられているようです。このリーフデ水車はグランドセーラー型といい干拓地で排水用として多くつくられたタイプみたいですね。

画像


主軸から水車へと動力を伝えるギヤです。ギヤの部材である円柱の部品は木製ですが油分を多く含んでいるので水に浮かないほど重いそうです。木の原産はドイツで回転部の接点には蜜蝋が塗ってあります。回転している部分のギヤ重量は凡そですが、400Kg近くあるんですよ。

風車は粉を挽いたり水をかき上げるだけでなく近隣や来訪者に言葉を伝える手段としても使われていたそうです。羽根の止め方により祝事や弔事、休止や故障などを表し、戦争時には味方への情報伝達にも使われていたんですね。

画像


2階からの眺めです。床はフローリング、心地よい風を受けながら床に寝そべりスヤスヤと眠ってしまいたいほどでした。

佐倉ふるさと広場には駐車場・トイレ・売店があり・レンタサイクル・屋形船の運航を行っている飯野休憩所があります。レンタサイクルでサイクリングロードを走るのも良いかもしれません。

画像


飯野休憩所にあった自動販売機。そこには地元キャラ(佐倉・城下町400年記念キャラクター)の「カムロちゃん?」が。最近ご当地キャラがブームですがこの地でも例外ではないみたいですね。

佐倉市の妖怪キャラと呼ぶ人もいるようですが、「カムロ」の意味を調べてみると・・・・

「肩までで切りそろえた児童期の髪型。またその髪型をした者。狭義では、遊郭に住み込む童女をさす。または歴史用語として、平安時代に市中の見回りをした若者をさすこともある」と記されている。

何か・・・・特別な意味があってキャラに選ばれたのでしょうからこれ以上は申し上げません。

「ちばの観光 まるごと紹介」では千葉県のイメージキャラ、チーバくんの仲間たちとして紹介されていました。

画像


「わちの名はカムロ! その昔、佐倉城に棲んでおった〈妖かし〉(あやかし)で、こう見えて400歳ぢゃ。城内の杉戸の絵から、夜な夜な抜け出し遊んでいたとの記録があるんぢゃよ〜 江戸時代初期に佐倉城を築いた土井利勝が領主になってから、400年の時が過ぎ・・・「佐倉・城下町400年」として佐倉の魅力を発信するのぢゃ♪ 」

なるほど・・・です。

ちなみに、ご当地キャラには面白いキャラや驚くキャラたちが沢山いますね。今回の千葉県では特に香取市のカトリーヌ・いもこ・木更津で生まれたご当地ヒーロー鳳神ヤツルギが個人的に気に入った次第ですw

画像

香取市特産の「さつまいも」をイメージし、市民活動団体「佐原おかみさん会」の平塚さんが考案したカトリーヌ・いもこ。キャラ名にインパクトがあります。流石です、平塚さん。

ヤツルギさんは凄いですね。『鳳神ヤツルギ』公式サイトをご覧下さい。もはやご当地の域を超えています。

それと・・・・全国にこれほどのご当地ヒーローがいたとは驚きですね。

ご当地ヒーローカードコレクション

ん?気が付けばキャラの話題にのめり込んでいましたね。失礼しました。

纏まらない話でしたが「オランダ風車「リーフデ」とカムロちゃん」のお話はこれまで。

えっ?野鳥の撮影はどうしたのかですって?

それはもう

1枚も撮れていませんでした。

おあとがよろしいようで m(_ _)m

※撮影機材はNikonとiPhone4S。沼の写真以外は全てiPhone4Sにて撮影。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス
驚いた
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ぶらり印旛沼方面 佐倉城址公園と歴博など
今週から6月突入、春が終わりあっという間に「梅雨入り」とか!。2日(火)「農家が食べる米:ミルキークイーン」の買出しに出かけた。ついでに佐倉城址公園や佐倉ふるさと広場など、印旛沼方面などをぶらり散策してきた。 ...続きを見る
リタイア後の悠々スローライフ
2015/06/06 12:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
印旛沼、懐かしいです。自分も3,4年ほど前に何か沼が見たくなって、印旛沼へ行きました。
この風車の休憩所も臼井の駅からフラフラと歩いて訪れたのですが…、時すでに遅し。閉まっていました。天気が良いと風車もきれいですね。自分の時は曇ってました。
まほろば
2012/06/29 00:09
こんにちは、まほろばさん。稼動している風車の中に入ったのは始めてのような気がします。おっしゃる通り天候に恵まれた事を感謝した次第です。京成臼井駅から歩いて行かれたのですね。風車の中に入れなかったという事は、16時過ぎていたのかな?先日からまほろばさんの過去記事をじっくり拝見させて頂いておりますが、なかなか面白く旅行した気分になれます。本にしても良いのではと思うくらい。47都道府県すべての県に足を踏み入れることに成功〜は素晴らしい物です。きっと大きな収穫があったでしょうね。これからも楽しみにしていますよ。
ありがとうございました。
影武者からまほろばさんへ〜
2012/06/29 17:52
中学の地理か歴史で・印旛沼の干拓・が出て来ました、今はこのようになっているのですね。

大阪のホテルで飲んだ水道水は吐き気がする程不味くて、臭いものでした、、、原水は琵琶湖です、、、琵琶湖もかなり汚染されています、が、湖北の夕景などは素晴らしいものです、湖には外来種の魚が放流され自然破壊が進み悲しい状態です、、、

自然を大切に守ってほしいです。
007
2012/07/03 04:10
琵琶湖の汚染も進んでいるのですね。食べ物があっても水がなければ生き抜く事はできない、水は人類の宝。宇宙に目を向けるのも一つかもしれませんが、今大切なのはもっと足元を見る必要があると思います。汚れた地球を元に戻すにはかなりの時間を要するでしょう。

おっしゃる通り自然を大切に守っていかなければいけませんよね。
影武者から007へ〜
2012/07/05 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
オランダ風車「リーフデ」とカムロちゃん Blog Yaloo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる