amd.com

Blog Yaloo

アクセスカウンタ

Google
WWW を検索 サイト内を検索

zoom RSS 地球上の生物:その2 オランウータン

<<   作成日時 : 2012/04/19 22:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

今回もズーラシアの動物達の話です。

■オランウータン Orang-Utan

学名: Pongo abelii(スマトラオランウータン)、Pongo pygmaeus(ボルネオオランウータン)
分類:哺乳綱 サル目(霊長目)ヒト科オランウータン属(Pongo)に分類される構成種の総称

ズーラシアにいるオラウータンはボルネオオランウータンです。

「オランウータンは、生息している島によってボルネオオランウータンとスマトラオランウータンの2亜種(最近では、別種の見方が強くなってきています)に分けられます。ボルネオの熱帯雨林で、単独生活を送る「森の人」。果実や木の葉を主な食べ物とし、一日のほとんどを数十mにもなる樹の上ですごします。おとなのオスには、フランジと呼ばれる頬の張り出しが見られ、フランジが大きいオスほどメスに対して優位だと言われています。メスは一生に平均3頭のこどもを産み、こどもは7〜8歳まで母親と一緒に暮らし、生きてゆく術を身につけます」

オランウータンは地球で見つけられている中で最も大きい樹上に住む哺乳類です。彼らは家族や社会生活を営まない半孤独な動物です。しかし緩やかな関係の複雑な社会的ネットワークはコミュニティのメンバー間で維持されています。

彼らは多くの食物を摂取しています。果物は彼らの平均総摂取量の60%以上を占めます。食事はさらに葉、樹皮、花および昆虫を含んでいます。植物類においては500種を超える記録がされているようです。
オランウータンは、「森の住人」、「森の庭師」とも評されています。それは種子の散布に重大な役割を果たし森林を健康な状態に保つ役目を果たしているからです。

過去60年間にオランウータンは推定50%以上の減少がありました。種の減少は主に農業における森林の転換や火災による森林消失が要因とされています。密猟やペット貿易はボルネオ島のほとんどのエリアでオランウータンにとって主要な脅威となっているのです。

生息分布:http://maps.iucnredlist.org/map.html?id=17975

画像


レッドリスト:
ボルネオオランウータン EN=絶滅危惧種
スマトラオランウータン CR=近絶滅種

スマトラオランウータンは絶滅の恐れがきわめて高いと言われているようです。

これも人間が大きく関わっているんだよな。

では。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地球上の生物:その2 オランウータン Blog Yaloo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる