amd.com

Blog Yaloo

アクセスカウンタ

Google
WWW を検索 サイト内を検索

zoom RSS うぐいすのフン

<<   作成日時 : 2011/11/28 23:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

1日の終わりにちょっとした楽しみがある。

それは・・・・

入浴と布団に入っての読書。

長風呂はしない性質だが1日の汚れを洗い流す、そう脱皮したような感覚がなんとも心地良い。

布団での読書は深い眠りに就く為の欠かせないアイテムになっている。自然と意識が遠のいていく感がこれまた良いのだ。朝目覚めると片手に本を持ったままって事が多々ある。なので本を読み切るまでかなり時間がかかっているのも事実なんだがw

さて今日、買い物に行った時に目に付いた商品があったので購入してみた。

■ウグイスの雫

★成分:石鹸素地(国産精製牛脂、精製ヤシ油、苛性ソーダ、塩、水)うぐいすのフン

画像


ウグイスのフンが成分になっている石鹸だとか。値段は840円だった。石鹸で840円?と思ったが、それなりに良さがあるようなので購入した次第です。隣に置いてあった石鹸はなんと3200円。上には上があるものですね。「しずく」と言えば・・・「茶のしずく石鹸」がアレルギー問題で騒がれましたが、ウグイスの雫石鹸には「加水分解コムギ末」は含まれていないようですね。でも、アレルギー症状は人によって違うみたいですから、この石鹸で100%アレルギーが発症しないとは言い切れないかもです。

小麦アレルギーに関する情報

ウグイスのフンはどんな利点があるの?

Wikipediaでは

「ウグイスのフンには豊富にリゾチームなどの加水分解酵素が含まれ、顔面に塗布する事で角質層が柔らかくなって、小皺が取れたり肌のキメが細かくなる・肌のくすみが取れて色白になる事から、古くから美顔洗顔料やにきび治療薬として人気がある。「うぐいすの粉」として市販されているものがそれで、この酵素には脱色作用もあるため、着物の染み抜きにも利用される(以前は毛はえ薬として用いられていたこともあった)。なおウグイスは大量飼育が難しく、得られる糞も少量であることから、市販の「ウグイスの糞」と称する商品は、ほとんどがソウシチョウを飼育し得られた糞を原料に使用している。」

と記されています。

また、メーカさんでは

「【昔ながらの釜炊き製法石鹸】 日本古来から洗顔美容剤として使用されていた「うぐいすのフン」が石鹸職人の手によって化粧石鹸として生まれ変わりました。 うぐいすの腸は大変に短く、消化能力を高めるために強力な酵素を分泌します。そのため、フンの中にはたくさんの酵素が含まれています。昔の人たちはそこに目をつけ、フンを溶かし肌に塗り、肌のシミ取りや美白を高めたといわれています。」

と説明されていますね。

なるほどソウシチョウのフンか。それならメジロでもノジコでも小鳥のフンであればなんでもいいような気がしますが、どうなんでしょうね。

ウグイス
ソウシチョウ

美白になるつもりはありませんが洗顔後、顔がつっぱらないみたいですから乾燥肌であるオイラとしては利点がありそうです。

ではでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
うぐいすのフン Blog Yaloo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる