amd.com

Blog Yaloo

アクセスカウンタ

Google
WWW を検索 サイト内を検索

zoom RSS 山梨へGO!

<<   作成日時 : 2009/05/25 19:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちはblog yaloo管理人の影武者です。日頃からあまりにも機械染みた生活を送っている筆者なので、頭も体も壊れる前に、1泊2日の息抜きの旅へ出かけてきました。

■武田信玄

小タイトルの通り旅先は山梨県です。とは言え大そうな旅ではございませんが・・・。

さて、最近、若い女性達の人気を集めているのが、戦国武将みたいですね。

なんでも「義に熱く、筋を通している武将」が人気だそうで・・・。

今回の旅先、山梨と言えば、そう武田信玄。文武両道を備えた名将だったようですね。

中国古代の孫子の兵法「疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し」
を用いた「風林火山」の旗印は誰もが知っているでしょう。

また信玄の名言である「人は城、人は石垣、人は堀、情けは見方、仇は敵なり」は、現代においても、とても意味深い言葉です。

そんなことで、信玄公に関連のある「武田神社」参拝へ。

画像

武田神社は大正8年に信虎・信玄・勝頼の三代が60年余りにわたって居住した躑躅ヶ崎館跡に、建立されたものです。画像は神橋から撮影したもの。



南へ伸びる武田通りは電柱の地中化により歴史ある地に相応しい景観となっていましたね。モデルコースにも入っている見所ですが、歴史を知った上で訪れるのとそうでないのとは旅の楽しさが違う事を痛感した次第です。

■甲斐善光寺

お寺詣りが大好きな訳ではありませんが、やはり、歴史ある街を訪ねると自然に足が向くものですね。

善光寺と言えば長野県の善光寺が頭に浮かびますが、はて甲斐善光寺との関係はどうなんでしょうか。甲斐善光寺のパンフを見ると、「武田信玄公が川中島の合戦の折、信濃善光寺の焼失を恐れて、永禄元年(1558年)御本尊善光寺如来像をはじめ、諸仏寺宝類を奉還した事が始まり」だと書かれています。ふむ、関係は深いのですね。

更に「武田氏滅亡後、御本尊は織田・徳川・豊臣を転々とし、慶応3年(1598年)に信濃に帰座され、甲府では新たに前立仏を御本尊と定めて現在に至っている」と説明しています。



平成9年以降、信濃善光寺と同様に7年目ごとの御開帳が行われているようです。今回来寺した際は御開帳期にあたり、甲斐善光寺にも回向柱が立てられていましたよ。しっかりと、お戒壇廻りもしてきましたのできっと御利益があるでしょう。

■昇仙峡

秩父多摩甲斐国立公園の景勝地で有名な昇仙峡。今まで幾度となく耳にしていた地でありましたが、やっと立ち寄る事が出来ました。

画像

画像は羅漢寺橋

荒川ダムまで登ったあと、「ハイキングしてみよう」との話もありましたが、時間の都合で断念。軽く歩いてみただけでも「ヘトヘト」になったのですから断念して正解だったのでしょうね。

御岳昇仙峡を満喫するには時間と体力が必要な事がよく解った次第です。ハイキングコースの場合ハイヒールやサンダルでは話にならないのでご注意を!

※5月31日までと、7月20日より8月20日までの土曜、日曜、祝日は、日没より午後9時まで約3時間、仙娥滝のライトアップをしているようです。ココは見てみたかったなあ。

勝沼ワイナリー

さて、適度なカロリー消費の後は楽しいお食事です!お店は「サッポロワイン勝沼ワイナリー ガーデン」

ジンギスカン、バーベキュー、ワイン、生ビールなど食べ放題、飲み放題コースで沢山頂きました。

気が付いたら黒ビールをジョッキで7杯も飲んじゃいましたね。えっ?私にしては大変な量なんですよ。日頃晩酌はしませんし、缶ビール(350ml)半分程で酔ってしまう人ですから

サッポロでもオリジナルワインを製造していたんですね。日頃お酒を飲まないので、今回初めて知った次第です。



工場見学やワインの試飲(高級ワインの場合は有料)などもできますので、お酒がお好きの方には特におススメの場所と言えましょう。

■お土産

その1.
山梨と言えば・・・そうです、やはり信玄餅ですね。今回は笛吹市一宮町にある桔梗屋本社工場で購入しました。
「信玄餅」と言う名称は金精軒製菓株式会社が商標権を持っているようですが、筆者的には安全で美味しく作ってくれる会社であればどちらさんであっても構いません。小さな事を騒ぐよりも2社が仲良く山梨銘菓としての伝統を共に守っていくことが山梨の発展、そして両社の発展につながっていくことでしょう。また山梨を訪ねる時があれば金精軒製菓のお土産を買ってみるとするかな。

画像


さて本社には、お菓子の美術館・水琴茶堂・工場アウトレットがあり、工場見学も可能です。工場アウトレットは輸送中の破損品など、味や品質に問題がないものを1/2の価格で販売していますよ。アウトレット品は大変人気がありますのですぐに売り切れになってしまう事もありますからご留意を。

その2.

信玄軍配(葡萄サブレ)

画像


はっきり言ってこの葡萄サブレは筆者的に・・・・・

あると思います!!

画像


マルセイバターサンドに似ていますが・・・まあ、いいじゃないですか。

甘過ぎず、さっぱりした味でサブレーはしっとりしています。もう一箱買ってくればよかったな〜。

このお菓子も桔梗屋本社工場で購入しました。

その3.

生キャラメルケーキ

サッポロワイン勝沼ワイナリーで購入したお土産です。製造元は長登屋さんですね。

画像


画像

味は甘くなくさっぱりした感じ。バームクーヘンの柔らかバージョンといったところでしょうか。ケーキの中央には生キャラメル(たぶんそうだと思う)が挿まれています。宅の女性達に食べてもらいましたが「普通かな〜」との評価でした。

ところで長登屋さんを調べているうちに似たような商品が・・・・

画像

※上の画像はみやげ電子茶屋の画像を使用しています。

なんとユーモアある製品も作っているのですね

生キャラメルケーキと比べるとパッケージとスポンジケーキの色が違うだけですね。男前豆腐ケーキもあるようです。

さてさて、1泊2日の旅はあまりにも短すぎましたね。しかしながら、いつもと違う風景や空気が日頃のストレスを軽減させた事は確かです。都合がつけば、またぶらり旅にでかけてみる事にしましょう。ではまた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山梨へGO! Blog Yaloo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる