amd.com

Blog Yaloo

アクセスカウンタ

Google
WWW を検索 サイト内を検索

zoom RSS Thermaltake Tide Water(VGA冷却ユニット) その3

<<   作成日時 : 2006/08/15 20:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

追悼:

今日は61回目の終戦記念日。戦争で亡くなった多くの方々のご冥福を祈りたいと思います。




前回、前々回とThermaltake Tide Water装着に関する記事を記載しましたが今回はSLI環境を構築して負担の大きいメインカードの温度上昇を確認してみました。

画像


■厳しい設置状況ながら効果は◎

3DMARK06による過去のBenchMarkではCoreClock430MHz、Memory clock1200MHzの定格動作でメインカード温度は70℃を超えていました。今回は CoreClock450MHz、Memory clock1250MHzのOC BIOSを使用してテストを実行しています。

画像


画像


3DMARK06実行中におけるSLIメインカードのMAX Tempは63℃。この結果からThermaltake Tide Waterを装着する前と比べて装着後は温度が約7℃下がり効果が大きい事が解りました。これまでのテストにおいてメインカードとセカンドカードの温度差はアイドリング・高負荷時共に約10℃の温度差があります。今回セカンドカードの温度を記録していませんでしたが前記した事から判断すれば3DMARK06実行中のセカンドカードMAX Tempは凡そ53℃ではないかと思います。

■参考までに

温度確認のついでに下記システムでCPUをOCさせ3DMARK06 Bench Markを実行してみました。
◇AMD Athlon64X2Dual-Core4200+ AM2 OCシステム構成

OS:Windows XP Professional X64 Edition
nForceドライバ:Version: 91.31 64bit
nForce4 AMD Edition: Version: 6.69winxp64
CPU :AMD Athlon64X2Dual-Core4200+ S-AM2(2.4GHz) N.O.Sにて10%OC
CPUクーラー:ZALMAN CNPS9500 AM2
MB:ASUS M2N32-SLI DELUXE(チップセットGeForce590SLI MCP)
システムメモリ:1G 512×2(PC6400 CL5 JEDEC準拠)
D2U800CK-S512MZJ
メモリタイミング5-5-5-18 Command Rate (CR) Auto 1T
HDD:nVIDIA 590SLI SB RAID 0(80GB×2)Maxtor
ビデオカード :ELSA GLADIAC 970 GTX(GeForce7800GTX) PCI-E ×2 SLI
ビデオカードBIOS :OC BIOS コア450 メモリ1250
電源:ENERMAX「LIBERTY」500W

CPU周波数2.4GHzはAMD Athlon64X2 4800+と同じです。さて結果はどうでしょうか。

◇AMD Athlon64X2 4800+システム構成

nForceドライバ:84.25
nForce4 AMD Edition: Version: 6.69winxp64
OS:Windows XP Professional x64 Edition
CPU:Athlon64 4800+Dual Core 製造プロセス90nm S939 2.4GHz 
消費電力89W〜110W(クロック速度に依存)
CPUクーラー:X-Mars
MB:Asus A8N-SLI Premium (3 PCI, 1 PCI-E x1, 1 PCI-E x4, 2 PCI-E x16, 4 DDR DIMM, Audio,Dual Gigabit LAN, IEEE-1394) BIOS A8N-SLI Premium Beta BIOS 1011.006
Cool'n'Quietテクノロジ機能を使用
システムメモリ:1024 MB (PC3200 DDR SDRAM 512MB×2)
メモリタイミング3-3-3-8 (CL-RCD-RP-RAS)Command Rate (CR) 1T(強制セッティング)
HDD:Maxtor 6L250S0 (250 GB, 7200 RPM, SATA キャッシュ16M)
ビデオカード :ELSA GLADIAC 970 GTX(GeForce7800GTX) PCI-E ×2 SLI
ビデオカードBIOS :OC BIOS コア定格450 メモリ1250
電源:SkyHawk GM600WP-R


◇結果:

1.AMD Athlon64X2Dual-Core4200+ AM2 OCシステム

7343

画像


2.AMD Athlon64X2 4800+システム

7518

画像


結果は939 AMD Athlon64X2 4800+システムに軍配があがりました。CPUスコアはわずかな差でありますがSM2.0 ScoreとHDR/SM3.0 Scoreのスコアに差が見られるのはドライバによるものではないかと思います。

画像


AMD AM2 DDR2メモリ動作で記載しましたが2.4GHz動作におけるDDR2-800の動作周波数は定格動作になります。今回のテストでAMD Athlon64X2 4800+システムと競ったスコアが見られなかった事を考えると3DMARK06上ではDDR2-800の恩恵を受ける事はあまり無かったのではないかと思います。(同じドライバでテストを行わないとなんとも言えないのですが・・・)


※下記の画像(EVEREST)ではBench後の温度差が逆転している様子が解る。メインカードは液冷による温度低下が早く、セカンドカードは周辺の余熱により逆に一定の時間温度が上昇している。特に今回の環境ではセカンドカードと冷却ユニットの離隔が殆んどなくエアフロー効率の低下によって反動がでたようだ。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ようやく最終調整にこぎつけました。
ノーマル状態(CPU、グラボともにそのまま)
nForceドライバ:Version: 91.31 32bit
で3DMARK05・06を試してみました。
スコアは05が7800 06が4754でした。
CPUの温度は終了直後で49℃
グラボは64℃でした。あまり温度が上がらないので拍子抜けです。
ZALMAN VF900-Cuに交換したときの温度はまた報告します。


j-chan
2006/08/16 15:30
調整お疲れ様でした。CPUクーラーは確かリテール品でしたよね、冷えてますね。ちなみに
>グラボは64℃でした。
は終了直後の温度でしょうか?
ZALMAN VF900-Cuの件楽しみにしています。ではまた
管理人
2006/08/16 20:29
グラボは64℃でした。はTEST直後のForceWareの数値です。
CPUは立ち上げるとの画面に出てくるASUSのプログラムで
確認しています。他に簡単にできるものが有れば教えてください。
j-chan
2006/08/17 13:25
NvTempLoggerは画面に常駐させることが可能です。64bit OSでは正しく動作しませんが32bit OSなら問題はないはずです。試してみてはいかがでしょうか。
http://downloads.guru3d.com/download.php?det=1194
管理人
2006/08/19 17:35
ありがとうございます。
表示させました。3DMARK05終了直後でも67℃です。
オンラインゲーム中でも68℃にしかなりません。
これっていい事なんですよね?!
j-chan
2006/08/20 01:16
こんにちは。GPUの耐性はCPUに比べ十分あると言われています。コメントの温度であれば十分だと思います。(しかしどのモニタリングでも計測値はあくまでも目安として考えた方がいいでしょうね)
★計測値で最も気にしなければならないと筆者が思っているのはケース内温度です。SLI動作時ではケース内温度が45℃を超えてしまいました。45℃オーバーの要因はPCケースタイプ以外にもあるのですがこの状態で稼動し続けると各パーツの寿命は著しく短くなります。インテルが考える38℃シャーシ理念を例えれば最悪でも40℃以下に抑えておきたいですね。
管理人
2006/08/21 18:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
Thermaltake Tide Water(VGA冷却ユニット) その3 Blog Yaloo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる